不必要な設備を導入しがちな注文住宅

不必要な設備を導入しがちな注文住宅

注文住宅は自由度の高さがウリで魅力ですが、裏を返せば不必要な設備を導入しがちだといえるのではないでしょうか。予算が許す限りあれもこれも導入できるのが注文住宅なので、考えなしに希望を盛り込むとあっと言う間に費用が予算の限度に達します。この為、まずは希望を一通り一覧に書き出しつつ、優先順位をつけて絞り込むことが必要になります。アイデアを出すことは大事ですが、自由にアイデアを出せるとなると収拾がつかなくなるので、出し切ってから比較検討して絞り込むのが正解です。また、比較にしても検討にしても判断基準が不可欠なので、最初に判断基準を明確にしておくことも重要です。不必要な設備が次々にアイデアとして浮かぶのは、ある意味想像力が豊かな証拠ですが、現実的に費用が発生する注文住宅においては軽視できないポイントです。注文住宅はやはり、予算を決めて予算内に収めることが肝心ですから、その都度本当か考えたり検討することが大事ではないでしょうか。

注文住宅の間取りを決めるならイメージづくりが大切!

注文住宅の大きなメリットといえば、やはり建物の設計自由度が高いこと。家の屋根や外壁といったデザインはもちろん、間取りやインテリアそして水まわりの設備に至るまで、あらゆる箇所を自分たちの好みに設計することが可能です。ただしその分だけ、家についての詳しい知識も求められるため、素人の方では何かと迷うことも少なくありません。例えば間取りもその1つで、実際にはプロの建築業者に相談し、色々とアドバイスをもらいながら理想の間取りへ近づけていくケースが一般的です。とはいえ、ある程度まで自分たちで理想の間取りを決めておけば、業者ともスムーズに話を進めることが期待できます。注文住宅の間取り決めでは、まずイメージづくりが大切です。その際のコツは、玄関と階段そして水まわりから決めていくことです。これらの箇所から始めることで間取りの大枠が決まるので、その後の間取りもイメージしやすくなります。例えば玄関の配置では、道路との距離や通行人からの視線などを考慮しながら、方角やデザインを検討します。また水まわりの設備では、キッチンやお風呂場そしてトイレ等を、普段の生活パターンあるいは将来の家族構成やメンテナンス費も考慮に入れて、1階や2階への配置を決めます。さらに階段もデザイン性だけでなく、身体への負担を考えて機能性を重視することも必要になるでしょう。